スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2007.03.24 Saturday | - | - |
 成年後見人養成研修・・・支部研修?
こんいちは!士太郎です。

今日は、久々に「研修」の報告が出来るのでとても嬉しく思います。(気づけば、今日の研修が今年度初めての士会研修への参加です。お恥ずかしい〜!)

さて、本日は何処で研修が開催されたかおと言いますと松本市の「ふくふくらいず」にて13:00〜16:00まで約20名の皆さんの参加で行われました。

まず、この詳細を知らず研修のみで参加を決めてしまったことに反省です。目的は、今年度の社会福祉士会の成年後見人養成研修受講者の為の研修でした。(しかし、養成研修を受けたものの・・・と言う私には、とても新鮮に参加できたことは良かったです。)

最初に、県士会副会長 関さんより、「ぱあとなあ ながの」の現状と言うことで・・。
 1.名簿の登録者
 2.受任者(全県で申立含めて9件)
 3.ぱあとなあへの問い合わせ
   事務局で受けて受任者へ至るまでの説明
 4.最近の事例
   ・家裁から  
   ・市町村から
   ・県外から
 5.ぱあとなあ ながの事業
   ・普及啓発事業
    成年後見制度入門講座、福祉関係者のための制度活用講座
    包括支援センターの社会福祉士への研修等
   ・他職種との連携
 
     等説明を受けました。


次に、「成年後見受任の状況と受任に当たっての留意点」とういことで
ライフステージかりがねの施設長 小林 彰さんからのお話を聴きました。

ご自身が後見人等として係わってきた8事例を紹介して頂きながら事例ごとの注意点・経験談を・・・。内容として、主なものは!

   ・被後見人等の多重債務問題
   ・被後見人等の利用施設での事故の対応
   ・被後見人等の同意書、連帯保証人の事
   ・受任前の後見人等の財産管理トラブルの解決
   ・家族支援のような状態での被後見人等へのケア会議による対応
   ・相続の問題

全ての締めくくりとして、「受任に当たっての留意点」と言うことで、
  
   ・産まれたからの戸籍準備、高齢者の婚姻前の家族関係の整理
    →相続の問題
   ・預貯金通帳の整理
    →身近な金融機関を利用しいざという時にお金を引き出せる事
     葬儀関係では、亡くなってしまってからでは、通帳からお金を
     引き出せない!
   ・ネットワークの構築
    →箘賈椶任願いできる関係 法律関係者、事業所、宗教者、葬儀     屋、同業者等の相談者
   ・後見人を受けるに際しての職場の了解
    →緊急時の対応が行えるため
   ・身よりのない方の受任
    →葬儀まで引き受ける覚悟
   ・記録、領収書の整理
    →最終的に裁判所への書類提出

最後に、被後見人等のその人らしい生活を支援するために、社会福祉士の受任が望ましいのでは!受任し最後まで被後見人等の支援に寄り添える事は後悔よりもやりがいを感じるとお話をされていました。

その後、座談会と言うことで参加された方の成年後見人養成研修受講の動機を聞きながら、自己紹介等・・・質問が行われました。

   ・被後見人等との初回の出会い
   ・意思の疎通が困難な被後見人等の支援、信頼関係の築き方
   ・当事者の成年後見制度利用への拒否への対応
    
などが質問され、それぞれの立場で発言がありました。

誠に大雑把な方向ですが、今日の研修報告と致します。


もし、参加された方で「これは!」というコメントありましたらお願いします。

最後に、今年度、成年後見後見人養成研修を受けられる方頑張って下さい。
| 2006.07.09 Sunday | ぱあとなあ | comments(0) |
 平成17年度権利擁護センターぱあとなあ・ながの全体会議
今日は、松本市南松本で長野県社会福祉士会の
「ぱあとなあながの」のメンバー顔合わせ等
が行われました。
長野県の北から南までの会員20名の方の参加
していました。

内容は、顔合わせ、
・成年後見制度や権利擁護について感じること。
・もし自分が後見受任した場合に思うこと。
                    等が有った様子。
(私、遅刻してしまいここまでの内容は???)

次に、(社)成年後見センター・リーガルサポートながの
      唐沢さんより「成年後見人活動の実際と心構え」
   講義がありました。

内容レジメ「契約社会と成年後見制度」

     ・成年後見制度の立法趣旨
     ・契約成立
     ・契約の効果
     ・契約の解除
     ・解除の効果
     ・その他の法律行為
         など
 短時間でしたが、コンパクトにまとまった講義を受けました。

契約とは?
 「相対する正常な判断能力のある当事者同士の意思表示の合致により成立する法律行為」
            ↓
     判断能力=意思能力=契約能力 
            ↓
法律行為の意味と結果を正しく認識、理解し、その内容について自らの意思で決定し誤りなく表示する能力。

     この能力に欠ける契約は「無効」
(私も社会福祉士会の第7期成年後見人養成研修を修了しましたが、
この事だけではないですが日々勉強と感じる研修の一つ)

 その他
    ・今年度の「ぱあとなあながの」の事業について
    ・諸連絡

更に、介護保険制度の改正による地域支援事業のうち権利擁護事業が市町村の必須事業。その根幹をなすだろう地域包括支援センターのことなど話題に出ました。

また、NPO法人東濃成年後見センターの視察報告(会員による)が有りました。
最後に、blogで「チャレンジ 社会福祉士事務所」のタイトルで成年後見制度等に発信している社会福祉士の先輩をご紹介しておきます。
(勉強になりますよ)
| 2005.05.28 Saturday | ぱあとなあ | comments(0) |