<< 平成17年度権利擁護センターぱあとなあ・ながの全体会議 | main | このblogについて >>
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2007.03.24 Saturday | - | - |
 2005年度 成年後見人継続研修レポートと学習会
みなさん!
おはようございます。このblogの管理人 士太郎です。
毎日暑くて、勘弁して下さい!(@_@)

と言う感じでやっております。
昨日は、駒ヶ根の社協で6月の学習会が
有りましたが・・!
講師先生の都合で今月テーマはお休み!

  ・全国大会
  ・地域包括支援センターのこと
  ・県への政策提言
  ・成年後見人

      など
            話題に上りました。

取り組むべき課題の多さに個人的にも会、支部でも
有ることを感じました。

さて、2005年度 成年後見人継続研修に参加された方からの
レポートが有りますのでアップします。(以下)


成年後見人継続研修の報告
  平成17年6月11日〜12日に東京の日本教育会館にて後見人継続研修が行われました。
 〈この研修のねらい〉
   7期の研修が終了(約2150名)しており、900件を超える後見等の受任の実績があり、社会福祉士が果たす役割がみえてきた。この研修を通して、後見活動の重要性を理解し、受任し活躍することを期待する。

・最近の動向をふまえての受任者への支援
・受任して行こうとされる会員への具体的事務処理に関する情報
・後見制度の再確認のための学習の機会の提供
・ぱあとなあ会員同士のネットワーク作り

プログラム
1日目
 13:15〜14:45 基調講演 「地域包括ケアと権利擁護」
         講師:いけだ後見支援ネット 池田 恵利子氏

 15:50〜15:25 報告「権利擁護センターぱあとなあからの報告」
         講師:古畑 英雄氏

 15:25〜16:45 講義 「成年後見に必要な税務知識」
         講師:税理士 永井 久美子氏

 17:00〜18:00 実践報告 「任意後見について(移行型)」
         講師:ぱあとなあ大阪 柴尾 三千代氏

 2日目
 9:00〜12:00 分科会(基礎編)
   実践報告 「受任から財産目録の作成まで 〜これから受任             する人のために〜」
        報告者 ぱあとなあ福岡 永田 啓造氏
            ぱあとなあ広島 小川 真史氏
        内容 職場との関係/家庭裁判所とのつきあい方
           金融機関とのつきあい方/財産目録の作成に                          ついて 等

1日目は講義形式でしたが、「地域包括ケアと権利擁護」ということで前社会福祉士会副会長の池田氏が権利擁護とは何か?地域包括支援センターでの社会福祉士の役割やその業務の中での権利擁護についてお話しされました。2日目は基礎編と実践編に分かれての分科会でした。 6〜8人のグループで話し合うことができました。グループの中に知的障がい者施設の施設長の方や実際に後見の受任をされている独立型の社会福祉士事務所の方や社協の方がおられ上記の内容について率直に意見を聞くことができました。改めて権利擁護について考え成年後見制度につなげていくこと また、尻込みしないで受任して実践を積み上げていくことの重要性を感じました。けれど、実際に自分の業務との兼ね合いや長期にわたり支援していくことを考えると踏み切れるかどうかは??です。(ジレンマを感じます)


成年後見監督人養成研修の報告
 平成17年6月12日 13:00〜16:00
  
 プログラム
  13:00〜14:30 講義 「成年後見監督人の職務」
             講師:弁護士 川島 志保氏

  14:40〜15:50 実践報告 「監督人の活動について」
          師:社団法人大阪社会福祉士会 田村 満子氏

弁護士の川島氏は後見監督人の職務として、監督事務についての方法や注意、また、後見監督人の選任について(後見人が親族で財産が多額であるときや負債があるとき、遺産分割、不動産売買、事故の示談交渉、損害賠償請求等の後見事務が複雑な場合に選任される)
お話しされ、後見人より報酬は低いが職務としては家庭裁判所が行う監督の部分を担っているため大変であることが理解できました。
実践報告では大阪社会福祉士会が法人として「監督人」を行っている事例を報告されました。親類との関係が疎遠になっている知的障がい者施設利用者7名に対し、親の会の保護者2名が後見人になり、その監督人として法人で支援した2年6ヶ月の経緯のお話しでした。
この活動をとおして、法人監督の意義や課題として仝絽人の受け皿への課題∪年後見制度理解の推進M益相反への課題たη獣賃里箸靴胴佑┐討いなくてはならないことが見えてきたと報告がありました。
長野県も将来的には法人格を取得して法人後見・法人監督を担うときがくると思います。その時の参考になる実践でした。


ということがHN「桜」さんより頂きました。
研修ご苦労様でした。

このblogを見て感想有りましたら、コメント等下さい。
また、こんな研修行ってきた、皆さんにお知らせした等も結構です。

多くの皆さんの参加(上伊那ブロックの方以外も)も期待しています。
| 2005.06.21 Tuesday | 全国研修 | comments(0) |
 スポンサーサイト
| 2007.03.24 Saturday | - | - |
Comment